PTA活動

2019年8月の記事一覧

第69回全国高等学校PTA連合会京都大会

第69回全国高等学校PTA連合会京都大会に参加しました

 

 令和元年8月21日(水)から23日(金)、中野PTA会長、浅野PTA副会長、仲佐後援会顧問、関根の4名が全国高P連京都大会に参加しました。
 メインテーマは「Kyoから!未来を拓く」サブテーマは~受け継ぎ、創る新たなストーリー~でした。会場は京都市勧業館みやこめっせでした。大会第1日は京都府立工業高等学校吹奏楽部の演奏で迎えられ、開会式の後、第5分科会に出席しました。
 第5分科会は、「情報教育を体験する~現代の子どもが学ぶ情報教育を体験してみませんか?~」というテーマで、LINE株式会社のスタッフによる体験学習をしました。1つは小学校で導入される情報教育のプログラミングに関するワークショップでした。ある課題に対してコンピュータで順序立てて命令することがどういうことかをワークシートを使って体験しました。2つめは5枚のカードを使って、メールを送る側と受け取る側の意識の違いをシミュレーションしました。最後に災害が起こったと仮定して、実際に起こりうる問題点などをタブレットを使いながらグループで協議しました。
 第2日目は、京都市立塔南高等学校吹奏楽部によるマーチングバンドと京都府立鳥羽高等学校披講研究部による和歌の披講のアトラクションの後、記念講演がありました。講師は日本電産株式会社代表取締役会長永守重信氏で、演題は「学校教育・家庭教育に思うこと」でした。永守氏は京都先端科学大学の理事長も務めており、教育に対する永守氏の精力的で刺激的な発言は会場を大いに盛り上げました。
 閉会式では、次期開催地である島根県の実行委員長の挨拶もありました。大変暑い3日間でしたが、合間の観光も含めとても有意義な全国大会でした。

0