PTA活動

2017年7月の記事一覧

PTA進路見学研修会報告

平成29年度進路見学研修会参加報告

7月21日(金)、PTA進路見学研修会を行いました。参加者は、保護者、後援会役員、教員を合わせて39名です。
午前中は、行田市にある「ものつくり大学」を見学しました。ものつくり大学は、技能工芸学部に総合機械学科と建設学科の2つの学科があり、理論と実技を融合した少人数で実践的な教育を行っていることが特色です。
現在、ものつくり大学に勤務されている本校元校長の金子正明先生から、大学の概要について、講義をいただきました。その後、学内施設見学をさせていただきました。
実習で制作したものが学内の至る所に展示されていたり、棟と棟をつないでいる橋が学生制作のものであったりと実学を重視している大学であることを実感しました。



午後は、カルソニックカンセイ株式会社吉見工場を見学しました。カルソニックカンセイ株式会社は、自動車のコックピットモジュールや内装製品、空調製品、コンプレッサーなどを生産している企業です。
最初に会社概要を説明いただき、その後、2班に分かれて工場を見学させていただきました。工場内の各見学場所で、若手の社員の皆様から、生産している製品のことや仕事内容について説明をいただきました。
進路を控えた子供を持つ保護者には、若手社員の説明は非常に参考になったことと思います。
参加された保護者の皆様が、生徒の目線でなく、親の目線で進路先を見学いただき有意義な研修旅行になったと思います。今回の研修旅行が生徒の進路決定の一助に繋がれば幸いです。
帰路、道の駅・いちごの里よしみで、買い物を楽しみました。

今回お世話になりました、ものつくり大学及びカルソニックカンセイ吉見工場の皆様には、このような機会を頂き心より感謝申し上げます。
そして、PTA総務部の皆様には、ジャンケン大会などのバス車内での親睦に色々とご準備をいただき有難うございました。
0

関東地区高P連大会 神奈川大会報告

第63回関東地区高等学校PTA連合会大会 神奈川大会参加報告

 去る7月7日(金)・8日(土)、横浜市・パシフィコ横浜国立大ホールにて、『心ふれあう 
しなやかな 人づくり~学び行動するPTA~』のメインテーマのもと、関東地区高等学校PTA連合会(関東高P連)神奈川大会が行われ、仲佐会長・荻島副会長・佐藤副会長・新関後援会長・中野後援会副会長・荻原教頭の6名が出席しました。

 全体会では、主催者挨拶、表彰状・感謝状贈呈、来賓祝辞に続き、大会テーマに基づいた大会宣言文発表があり、次年度の開催県は栃木県と発表されました。

 記念講演は、フリーアナウンサーの 羽鳥 慎一さんをお招きし、『聞くちから 話すちから』をテーマに、司会の 石川 みゆきさん(元ニッポン放送アナウンサー)と、インタビュー形式での講演でした。


【今回は、初参加の方に感想を聞いてみましたので、ご紹介します】

 全体会での羽鳥アナの講演会はインタビュー形式でトークショーのようでした。先輩の徳光アナ、後輩の水卜アナの話など、随所で会場を笑わせる展開は、さすがプロの話し手です。圧巻という感じでした。笑わせながらも、上下関係や人とのふれあいの大切さ、話すということは、相手の話をよく聞くことなど、たくさんのメッセージが伝わってきました。締めくくりでは、突然引退された大物芸人のS.Sさんからの言葉ということでしたが、「人生は下りのエスカレーターを上っているようなもの、現状維持が大切」というのが印象的でした。一歩一歩、地道に着実にということですが、大切なことだとあらためて思いました。 
 翌日の分科会の発表は、初めに埼玉県を代表して大宮東高校でした。普通科の他に体育科があり、トレーニングジムや校庭設備の充実は、他県校からも羨む声がありました。食堂の放課後営業もあり、鶏の唐揚げ、おにぎりが、部活動練習の強い味方だとのことです。縦割り集団活動も良い成果をあげているとのことでした。
 次に前橋工業高校は、同じ工業高校なので興味がありましたが、技術力の高さのアピールには、「我が 浦和工業も 負けないぞ!!」 との思いでした。前橋工業高校は、大正時代に開校という伝統校、OBが企業の重職や行政・地域社会で活躍し、卒業生を受け入れ、バックアップするとの事。それが離職率の低さにつながっているなど、素晴らしいお話でした。
 両校ともに、マラソン大会で、子供へのパンの差し入れ、豚汁の炊き出しなど、子供たちから分かりやすい活動を行うという共通点もありました。

 総括の助言では「すべては生徒の為に」という話がありました。このような研修会などの参加を、どのように生徒にフィードバックしていくか、今後の大きな課題であると感じました。生徒目線に立ったPTA活動を考えていきたいと思っています。
 

 今大会でも、神奈川県の高校生によるアトラクションは圧巻で、とても素晴らしく、有意義な研修に参加できてよかったと思います。

 

0