浦和工業高校より

2018年1月の記事一覧

降雪により二時間遅れでした

月23日(火)、昨日の昼過ぎから降り出した雪の影響により、本日の授業は2時間遅れとなりました。
積雪は、20㎝以上となり、朝早く出勤した先生方は、生徒の登校に備えて、正門付近から玄関まで雪かき作業にあたってくれました。
朝早く登校したS1Aの生徒も手伝ってくれて、安全に生徒を迎えることができました。
明朝も道路の凍結が心配されます。時間に余裕をもって登校しましょう。



星 【ぐんぎん地方創生私募債】寄付物品贈呈式

ぐんぎん地方創生私募債 寄付物品贈呈式
平成30年1月18日(木)
於/本校校長室

 このたび、群馬銀行【ぐんぎん地方創生私募債】の寄贈先として、私募債発行企業であるジンアンドマリー株式会社様より本校を御選出いただき、群馬銀行様より【大型液晶ディスプレイ】をお贈りいただきました。


▲ジンアンドマリー株式会社取締役 田阪様(左)、大勝校長(中央)、群馬銀行大宮支店長 北村様(右)


▲左より、田阪様、荻原教頭、大勝校長、北村様


▲寄贈いただいた大型液晶ディスプレイ
体育館での授業における視聴用モニターとして、また、全校集会や学年集会におけるプレゼン用モニターとして、大切に活用させていただきます!

 

 

本校では『開かれた学校づくり』のため、地域と協働した事業を積極的に展開し、地域に信頼される工業高校づくりを目標としています。
このたび、地方創生の実現と地域活性化を目指す取組【ぐんぎん地方創生私募債】の寄贈先として本校を御選出いただいたことは、同じ目標を掲げる本校にとりましてたいへん名誉なことであり、今後の教育活動の励みとなります。
いただいた液晶ディスプレイは、授業だけでなく、集会や説明会など多様なイベントで活用させていただきます。
本当にありがとうございました。


ホームページ
 >>>ジンアンドマリー株式会社
 >>>ぐんぎん地方創生私募債 

群馬銀行の公式ホームページより
 >>>「ぐんぎん地方創生私募債」は、私募債発行手数料の一部から学校や地方公共団体等に寄付または備品の寄贈をすることで地方創生の取組みを支援する商品です。
寄付・寄贈先に応じ、学校に寄付を行う「未来(あした)へのエール」、地公体および群馬県内に本拠地を置くプロスポーツチーム3チームを対象とした「ぐんまの力」の2つの商品を取扱います。
当行では今後も、地方創生の実現に向けた取組みを強化し、地域経済活性化に貢献してまいります。

知事ブログ「知事の太鼓」に紹介されました

上田知事のブログ「知事の太鼓」の1月16日(火曜日)の一打「県立高校生の地域貢献活動」で、一例として、本校設備システム科が取り組んでいる土合公民館文化祭での「ものづくり教室」が取り上げられました。

⇒ 
知事ブログ「知事の太鼓」

サンキュー大作戦!

始業式、身だしなみ指導を終え、三年生は学年集会を行いました。今回は、卒業式に向けての過ごし方に作戦名をつけて、話しました。

その名も…



作戦内容は…


サンキュー大作戦を合言葉にラストスパートを駆け抜けていきます!!

にっこり 第3学期始業式

平成30年1月9日(火)、体育館にて
平成29年度第3学期始業式が行われました。
▼校歌斉唱
 
▼校長講話
 
校長先生から、世阿弥がのこした、『初心忘るべからず』という言葉についてお話がありました。
世阿弥の言う「初心」は「最初の志」に限られているのではなく、人生のあらゆる年代でいくつもおとずれると言っています。自分はもともと未熟なのだということを忘れずに、歳を重ねて知識や技術力を身に付けてもそこで満足することなく、自分自身をよく見つめて考え、さらに努力を重ねていくことが大切です。そうすることで、自分自身をその上のステップに高めていくことができるのです。みなさんそれぞれが初心を忘れないで、自分の課題に向き合って努力を重ねていってください。

▼教務部より
 
続いて、教務部主任の吉岡先生より、『勉強の目的』についてお話がありました。
就職試験では1年生から3年生まで3年間の成績が対象となるので、成績がよければ自分の進路の選択肢を増やすことにもつながります。また、社会に出てからの仕事は、一つの能力だけでなく複合的な能力が必要になります。高校生活はそのトレーニングになるのです。授業や学校行事、部活動など目の前のこと一つひとつに全力で取り組んでいきましょう。