浦和工業高校より

2011年3月の記事一覧

3/11(金) 薬物乱用防止教室を開講


 3/11(金) 9:50~11:40の時間帯で、麻薬・覚せい剤乱用防止センターの 
浦上 厚 氏を講師にお迎えして、薬物乱用防止教室を実施しました。先生が麻薬Gメンとして、東京や大阪で激務にあたられていた時の経験を交えた話には迫力があり、話に引き込まれあっという間の50分間でした。(その後、生徒は各HR教室へ移動し感想文を書きました。)

 薬物への誘惑は、高校生の日常生活の中にたくさんあることがよくわかりました。代表的な場所として、夜のコンビニやゲームセンター、そしてカラオケボックスが例示されました。中には、友達や先輩からの誘いであり、断りにくい実態もあるようです。はっきり断るために「『怖い、死ぬ、だから薬物は嫌だ』と、短い言葉を毅然と発し、相手がひるんだらその場から立ち去る」ということを指導してくださいました。

 最後になりますが、薬物乱用防止のために、以下の4点を意識し、注意することが必要です。
 ①身近な所に誘惑の網が張られている
 ②一度手を付けたら止められない
 ③購入資金を得るために犯罪を繰り返すようになる
 ④周囲を巻き込んで人生の破滅へと進んでしまう
 

3/9(水) 第3回 学校保健委員会 開催

 

 3/9(水) 9:00~11:20に、全校生徒が参加し「第3回 学校保健委員会」を体育館で開催しました。本校の保健委員会は定期的に開催され、保健管理部職員の指導のもと、進行やあいさつも保健委員が行っています。今回は「くすりの正しい使い方」と「精神衛生」について取り上げました。
 「くすりの正しい使い方」については、学校薬剤師として本校がお世話になっている白石先生から、薬とサプリメントの違い、薬の飲み方、副作用、使用期限など、様々な薬についての質問にお答えいただく形式で開催しました。
 「精神衛生」については、國學院大學久我山中学高等学校スクールカウンセラーの鵜川先生から「思春期のメンタルヘルス~こころのお手入れを大切に~」というテーマでご講演いただきました。思春期の揺れ動くこころや誰にでも起こりえるこころの病気など、事前に集めた質問にお答えいただきながら、ご講演いただきました。
 
 
 
 
 
 

3/5(土) 第48回 卒業証書授与式挙行


第48回 卒業証書授与式挙行 

 暖かい春の日差しを感じる穏やかな3月5日(土)に、「平成22年度 埼玉県立浦和工業高等学校 第48回 卒業証書授与式」を、御来賓、保護者、在校生の見守る中で、厳粛に挙行いたしました。

 卒業生一人ひとりが、浦和工業高校で学んだ知識や技術そして誠実さを携え、健康で充実した人生をしっかり築いて行くことを願っています。
 

3/5(土) 学校模型が新しくなりました

 

 設備システム科3年生の課題研究で、「学校模型の製作」班のメンバー4人が1年間を費やして製作しました。

 今までも、事務室前に生徒が製作した学校模型が展示されていましたが、平成7年度末に竣工された新実習棟が配置されていませんでした。そこで、来校者等に現在の施設配置を理解して頂くため、生徒が課題研究で200分の1の学校模型の製作に挑戦してくれました。
 生徒達は、「地面部分には紙粘土を張り詰め着色し質感を出しました。建物は、外観写真を撮影し縮小して貼り付け、精密さを表現しました。」など、様々な工夫をしたと話していました。