PTA活動

第61回 関東地区高等学校PTA連合会大会 茨城大会に参加


去る7月8日(水)・9日(木)、茨城県・つくばカピオサイバーダインアリーナにて、「原点に戻って考えよう ~生きる力を育み、自己実現を支援する~」のメインテーマのもと、関東地区高等学校PTA連合会(関東高P連)茨城大会が行われ、渡部会長・高橋副会長・中野常任理事の3名が出席しました。
全体会では、主催者挨拶、茨城県副知事・つくば市長の来賓祝辞、テーマに基づいた大会宣言文発表がありました。
引き続き行われた記念講演は、講師に
山海嘉之氏をお招きし、「つくばから未来へ ~重介護ゼロ社会への挑戦~」と題して行われました。時にユーモアを交えながら、ご自身の小中学生の頃の夢が現在の仕事につながっているのは、「手は放しても、目は放さない」というお母様の子育てのあり方があってのこととのお話に、参加者自身の日々の子育てを深く考えさせられました。
また、ニュース等でも話題の
ロボットスーツ「HAL」の開発・実験結果のお話を伺い、‘人や社会を助けるために何ができるか?‘を常に考え、未来の社会をより良くするためにテクノロジーを役立てようと研究に邁進される背景には、山海氏ご自身がおっしゃっていた「人が好きだから」という温かい気持ちがあるのだと知り、本校生徒諸君も「何のため」との問いかけを常に忘れずに、未来のエンジニアとして育っていってほしいと思いました。
午後は、4つの分科会に分かれ、第3分科会「生徒指導とPTA」での代表2校による発表を聴きました。両校とも、学校とPTAが連携し工夫をこらした取り組みを行っており、大変参考になりました。終了後、埼玉県団は分かれてつくば市内施設見学を行い、南支部会員は「地図と測量の科学館」を訪れました。
 時折、雨に見舞われましたが、とても有意義な研修でした。