浦和工業高校より

新入生『誓いの言葉』

 先日の入学式での、新入生代表による『誓いの言葉』を掲載します。

 誓いの言葉 
 
 暖かな春の訪れと共に、私たちは浦和工業高等学校の入学式を迎えることができました。
 本日は、私たち新入生のためにこのような盛大な入学式を行っていただき、誠にありがとうございます。新入生を代表して心より御礼申し上げます。

 浦和工業高等学校への入学は私たちにとって、初めて自分で選択した進路です。私たちは今、これからの高校生活への期待や希望に胸を大きく膨らませています。同時に親しい友達ができるかどうか、新たに学ぶ専門教科についていけるかどうか、少し不安でもあります。
 
 また、中学校と違い自ら考えて行動しなければいけないことも増えるでしょう。しかし今後は自己責任の自覚を強く持ち、時にはクラスや部活動の仲間たちと団結しながら各々の目標に向かって努力し、進んでいきたいと思います。
 
 そのためにも私は苦手な教科を基礎から学び直したいと思っています。また、自らの将来の仕事に役立つ資格取得を目指し、鍛練を怠らないように日々努力していきます。
 もちろん勉強だけではありません。私はどちらかというと運動は得意な方ではありませんが、部活動にも積極的に参加していきたいと思います。

 私たち新入生一同は本校で卒業を迎えるまでの3年間の日々を、浦和工業高等学校の名、そして自分自身に恥じぬよう精一杯悔いのないように過ごしていくことを誓います。

 校長先生をはじめ諸先生方、そして二年生、三年生の先輩方、保護者の皆様、まだまだ未熟な私たちではありますが、温かくご指導くださいますよう、お願い申し上げます。

平成27年4月9日
新入生代表 増田 大陸