浦和工業高校より

【情報技術科】ワクワクEXPO with 第19回食育推進全国大会に出展しました

情報技術科では、6月1日(土)・2日(日)に大阪市南港で行われた

「ワクワクEXPO with 第19回食育推進全国大会」に出展してきました。

 

出展の内容は、2022・2023年度に、

十文字学園女子大学・東大阪短期大学部と協働で製作した「食育3Dパズル」を展示・体験してもらうものです。

この取り組みは、管理栄養士をめざす十文字学園女子大学の学生さんが、

幼稚園児や保育園児を対象とし、

食べ物の栄養素「体をつくる:赤」「体調を整える:緑」「エネルギーになる:黄」

を遊びながら学べる玩具を企画。

本校の生徒が、設計・3Dデータを作成し、

3Dプリンタやレーザー加工機を使用して玩具を作り上げるものです。

完成した玩具は2023年度末に、東大阪短期大学部に協力をいただき、

実際に園児に触ってもらい、保育士の方からも意見を頂くなど、

PDCAサイクルを回す取り組みを行っていました。

今回はその玩具をより多くの人に紹介・体験してもらおうと、

食育のプロの皆さんが多く出展する大会に、

十文字学園女子大学・東大阪短期大学部と共同で出展させていただきました。

 

2日間で400名を超える子ども、時には大人にもパズルを体験していただき、

「面白い」という意見や「売ってないの?」というコメントもいただきました。

また、台湾から視察に来ていた方からも

「楽しく遊びながら学べて良い。日本の工業高校生はすごい!」という

コメントまでいただけました。

 

今回は遠方での出展、開発に携わった生徒は卒業してしまったため、

生徒の同行は叶いませんでしたが、

今後も生徒には、授業を通して様々な場面で活躍してもらいたいと思います!