浦和工業高校より

埼玉県産業技術総合センターを見学


本校は、地域が地域の子どもに職業観や勤労観を育み、地域の担い手を育てる「さいたま市産業人材育成事業」に参加している。この事業では、3年生が浦工版ヂュアルシステム、2年はインターンシップ、1年生には高度な技術体験を通して、工業技術への好奇心・探求心、ものづくりへの興味・関心を持たせる見学を行います。地域の小中学生には「彩の国ロボット工房」「中学生ものづくり体験」を実施しています。

今日は、電気科1年生の希望者を対象に埼玉県産業技術総合センターの見学を行いました。見学地の埼玉県産業技術総合センターでは、分解されたハイブリットカーの部品を手にとって観察したり、電気機器からの電波の漏れ出しや発生状況を測定する電波暗室での実験を見たり、各研究室の取り組みについて説明を受け、一人ひとりの生徒が目を輝かせていました。一人ひとりが、将来の夢や希望を大きく膨らませる有意義な一時を戴きました。