浦和工業高校より

救急法講習会を行いました

5月23日(火)中間考査最終日の放課後、さいたま市消防局から4名の講師をお招きし救急法講習会を開催しました。
柔道場を会場に、部活動や保健委員会の代表生徒ら約45名が3時間の講習を受講しました。
ファーストエイドの重要性の講義から始まり、胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AEDの取り扱い方等を、訓練用の人形を使った実技を多く取り入れて実践的に教えていただきました。
終了時に参加した生徒には、普通救命講習1の修了証が渡されました。
今日、教わった知識を活かして、いざという場面で率先して行動できるように心がけて欲しいと思います。
講義を頂きましたさいたま市消防局の皆様に、感謝申し上げます。