浦和工業高校より

浦和工業高校より

グループ 埼玉りそな銀行様・毎日興業(株)様 寄付物品贈呈式

【埼玉りそな寄贈品付CSR私募債】寄付物品贈呈式
令和元年7月23日(火)   於 校長室
 
このたび、埼玉りそな銀行【埼玉りそな寄贈品付CSR私募債】の寄贈先として、私募債発行企業である毎日興業株式会社様より本校を御選出いただき、埼玉りそな銀行様より【プロジェクター】をお贈りいただきました。


▲関根校長(左)、 毎日興業株式会社代表取締役 田部井 良 様(右)


▲田部井 様(左)、 関根校長(中央)、
  埼玉りそな銀行大宮支店 営業第一部部長 星野 雄司 様(右)



本校では『開かれた学校づくり』のため、地域と協働した事業を積極的に展開し、地域に信頼される工業高校づくりを目標としています。
このたび、【埼玉りそな寄贈品付CSR私募債】の寄贈先として本校を御選出いただいたことは、たいへん名誉なことであり、今後の教育活動の励みとなります。
いただいたプロジェクターは、授業だけでなく、集会や説明会など多様なイベントで活用させていただきます。
本当にありがとうございました。

>>> 毎日興業株式会社ホームページ

第二種電気工事士技能補習


 第二種電気工事士の筆記合格者は、6月中旬から約1か月間、平日の放課後及び土曜日の朝から夕方まで技能補習を行いました。
 結果は、8月下旬に公開されます。電気科、設備システム科の生徒が長期間にわたり技能補習を頑張りました。
 
技能補習

夏季休業中の進路室利用について


夏休み中も進路室は利用が可能です。
 利用時間は 
    午前  9:00~12:00
    午後 13:00~16:00
 となっています。
 
 利用内容は
   新着の求人票の閲覧。
   各種資料の閲覧。
   就職・進学相談
 などです。
  まだ、進路の決まっていない3年生だけでなく、ちょっと考えてみた1・2年生も
 覗いてみてください。

  求人のためご来校される企業様も歓迎いたしております。
 なお、その際は事前にご連絡をいただけると助かります。
 (なるべく該当学科の職員が対応できるよう調整させていただきます)

彩の国進学フェア

 7月20日(土)と21日(日)に、さいたま新都心のスーパーアリーナで行われました彩の国進学フェアにブースを出展しました。両日とも昨年度を上回る来訪者数で、二日間で200組以上の中学生や保護者の方々が各科の専門的な話に熱心に耳を傾けていました。来訪された皆様、ありがとうございました。
 7月28日(日)に第1回学校説明会が開催されますので、多くの中学生に来校していただき、実際に浦和工業高校を見ていただければと思います。お待ちしております。
  
  

にっこり 1学期終業式

 令和元年719日(金)第1学期終業式が行われました。

 まず、終業式に先立ち、自転車競技部のインターハイ沖縄大会出場の壮行会が行われました。

 インターハイには、3名の部員が出場します。関根校長からの激励のことばを頂いた後、自転車部部長の「頑張ってきます」という力強い声が印象的でした。是非、ベストを尽くし悔いのない走りをしてきて下さい!浦工自転車競技部ガンバレ!
        
 校歌斉唱の後、関根校長からお話がありました。

 「1学期が終わり一つの節目を迎えました。節目節目の時には、これまでの自分を振り返り『頑張ってこれたこと』『努力すべきだったこと』などの振り返り行ってください。そして、良い方向に思い切って変化させるように「現状打破」をして欲しいと思います。」というお話がありました。もう一つのお話は、中野PTA会長さんが「PTAだより」に寄せられたお話を紹介してくださいました。沖縄の工業高校生が飛行機代(6万円)の入った財布を無くし困っていたところに、見ず知らずの埼玉県の男性医師がお金を貸してくれて、おかげで与那国島の叔父の葬儀に間に合った出来事についてです。「このように困っていた人を自分だったらどうするか。このような形で助けられるのか考えてしまいます。また、この工業高校生が男性医師との再会の時に助けて頂いたお礼の品として、授業で作った男性医師の名前入りの文鎮を手渡したそうです。どうでしょう。このようなお礼ができますか?工業高校生として実力を発揮できる人になって欲しいです。」というお話を頂きました。
         

 続いて、生徒指導主任の伊勢先生から自転車に関してのお話がありました。「今学期に過失事故や被害事故がありました。生徒手帳に『生徒のための交通ルール』をよく読んでおくように」とのお話がありました。

 最後に社会科の石川先生から選挙についての説明がありました。「選挙権のある生徒は、『7/21参議院議員通常選挙』『8/25埼玉県知事選挙』の積極的な投票を」と投げかけていました。

     

 生徒諸君!長い夏休みに入ります。くれぐれも健康に注意し規則正しく生活を送ってください。そして、各教科から出ている課題や宿題を早めに済ませ、「現状打破!」自己を高められる成長できるものに打ち込み、有意義な夏休みを送ってください。