浦和工業高校より

浦和工業高校より

令和2年度 入学式

令和2年度 第60回入学式

新型コロナウイルス対策の影響で、第60回浦和工業高等学校入学式が約2ヶ月遅れて行われました。
新入生にとって、待ちに待った入学式です。新型コロナウイルス対策で、検温のチェックから始まり、1クラスを2つの教室に分けて集合し、入学式が始まりました。開式のことばに続いて、担任から呼名され、校長が入学を許可しました。本日から浦和工業高校の一員です。充実した高校生活を送りましょう。

 

▼校長式辞 浦和工業高等学校 校長 関根憲夫

 ただ今入学を許可した百九十七名の新入生のみなさん、ご入学誠におめでとうございます。教職員一同 皆さんの入学を心より歓迎いたします。
 皆さんは、新型コロナウィルスの感染が広がり始めた頃に入学者選抜試験となり、その後は全国一斉の臨時休校となってしまいました。大変不安で心もとない中でも皆さんが学力検査や面接試験に集中できるよう細心の注意を払いました。そして、高校入試が終わっても臨時休校と外出の自粛は続きました。中学校最後の想い出を友達と、先生方とともに分かち合いたかったと思いますが、現実は厳しいものでした。
 本日の入学式も、皆さんの晴れ姿をご来賓の皆様や保護者の皆様に見ていただくことができないことを大変残念に思います。各教室で担任の先生から呼名してもらい、あらためて入学が許可されましたが、校長としては壇上から皆さん一人一人の顔を是非とも見たかったです。
 こんな状況の中、三月九日の合格発表の日、皆さんはマスクをして早くから発表の場に集まってくれました。九時になり合格者を張り出すと、「やったー」という歓喜の声があがりました。保護者の方と抱き合う生徒もいました。受検した全員が合格できたわけではありませんが、この喜びは一生忘れてもらいたくない、こんな大変な状況の中、希望を持って浦和工業高校に入学してくれた生徒とともに明るい未来を作っていかなければと強く感じました。あの時の光景は校長として忘れられないものです。
 世界中が悲観的になり、先が読めない時代となりました。そんな中でも明るい未来を見据え、努力して知恵を絞り、希望を捨てない。それが、今、私たちがやらなければならないことです。浮足立つことなく、どっしりと構え、今やらなければならないことをひたすらにやることです。こんな時代だからこそ、技術・技能の基本を身につけ、いつでも応用ができる力を蓄え、誠実な生き方ができる人間を目指してください。そうすれば必ず、社会で貢献できる人間になれます。
 皆さんは工業の世界を選んでくれました。工業の可能性は、無限大であります。一日も早く中学生気分を一掃し、目標を高く掲げ、将来、社会に貢献できる「若きエンジニア」となるよう、日々精進を重ねていただきたいと思います。そして、本校が力を入れている資格取得に意欲的に取り組むとともに、是非、部活動にも積極的に参加して心身を鍛え、生涯の友を得てください。

 私からは、新しい生活のスタートにあたり、一つだけお話しして、結びの言葉にしたいと思います。
 それは、この新型コロナウィルスで亡くなられた志村けんさんの言葉です。「イヤなことがあっても思いきり笑えば忘れられる。笑うのは人間にしかできないことですから。これがなかったら人生やっていけない。」これは志村さんがある雑誌のインタービューで語った言葉です。皆さんは最近いつ思い切り笑ったでしょうか。自粛ばかりで行動が制限され、暗いニュースばかりが耳に入る今の状況だからこそ、希望を持って、心から笑える仲間を作って、辛いことも嫌なことも乗り切ってもらえればと思います。どんな困難な時でも「大丈夫だ」とお互い笑って励まし合える仲間を是非作ってください。

 改めて、保護者の皆様におかれましては、重ねてご入学のお慶びを申し上げます。この一五年間、様々なご苦労もあったかと存じますが、お子様をここまで立派にお育てになったことに対し、心より敬意を表します。
 本日、大切なお子様を確かにお預かりいたしました。入学後、指導を受けたり、叱られたりすることもあるでしょう。社会に貢献できる大人に成長するためには「ルール・マナー」を守ることから始まります。それは当然のことですが、この当たり前のことを当たり前のようにやることは意外と難しいものです。ぜひ本校を百パーセント信頼していただくとともに、家庭と学校との風通しをよくしながら、お子様の成長に向け、一緒に取り組んでいきたいと思いますので、ご支援・ご協力をお願いいたします。
 それでは、三年後に、すべての生徒・保護者の皆様が「浦和工業高校で本当によかった」と思い、そして、胸を張って卒業していただけることを心から願い、私の式辞といたします。

 

▼PTA会長 飯島佳代子様より ご祝辞

 新入生の皆様、御入学おめでとうございます。
受験を終え、期待を胸に新生活を楽しみにしていたことと思います。
しかしながら、緊急事態宣言が発表され、普通の生活が制限されてしまいました。
 不安や苦労もあったことと思います。でも、心配はしないでください。皆さんは一人じゃありません。世界中のたくさんの人が同じ状況で頑張っています。
 人生に無駄はありません。苦悩を乗り越えることで普段見ることのなかったことが見えてきます。それは、これから皆さんが生きていく上で必ず糧となるでしょう。
 高校で過ごす三年間を大人になってから同じように過ごそうと思っても現実には難しいことです。ですので、今を大事に、高校生活を充実したものにして欲しいと思います。
 相手のことを思いやり、自分を大切にし、過ごすことで充実した生活を送れるはずです。三年後に、皆さんが誇らしく清々しい気持ちで未来へ羽ばたいていけるよう、悔いのない高校生活を過ごされることを願っています。
 さて、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。
皆様には、子ども達が充実した学校生活を送れるよう、是非、PTAの活動にご理解とご参加を頂き、浦和工業の良さを実際に肌で感じて頂ければと存じます。
 このような形の祝辞となり、心苦しい限りですが、皆様にお会いできる日を楽しみにしております。これから三年間どうぞ宜しくお願い致します。
 本日は、誠におめでとうございます。

 

▼新入生代表 誓いの言葉

 

第1学期始業式

令和2年度 第1学期始業式

令和2年(2020)6月1日月曜日

新型コロナウイルスの影響で、休校が約3ヵ月続きましたが、いよいよ学校再開です。新型コロナウイルス対策で1クラスを2つの教室に分けて集合し、放送による始業式が行われました。校長講話、生徒指導部主任の話、保健部からの連絡などがありました。新しい年度の注意点をはじめ、新型コロナウイルスの影響で今までにない注意点や生徒一人一人の行動が命を守ること、人を思いやる心が、今最も大切であることなどが話されました。
久々に友達と会った生徒たちも真剣に聞き入っていました。

▼関根校長講話の様子

▼教室の様子

 

 

登校前に朝やること 3つ

 

月曜日から、毎朝必ず確認してください。

  体温をはかる(毎日SHRで、カードに記入)

  風邪の症状がないか、自分でチェック

            (症状があったら休みましょう。)

  マスク と 手ふきタオル(ハンカチ)

                   

  

 学校はみんなの場所です。

 お互いに安心して過ごせるように、この3つを必ず守ってください。

 月曜日から、先生たちも正門で待っています。

 ルールを守って、元気に登校してください。

                 

 

みんなのメンタルヘルスについて

ここ数日、急に暑さが増してきましたね。
疲れが出やすい季節だと思いますが、みなさんお元気ですか?

身体はもちろんのこと、外出を控えて人との交流も減っている今、私たちみんなの心にも「つかれ」がでている時ではないでしょうか。

 埼玉県教育委員会より、保護者・生徒のみなさん向けにメンタルヘルスについてのお知らせが来ています。心配なのは子どもだけではありません。大人もどうぞ、ご自分のために御一読ください。

新型コロナウイルス感染症による臨時休業に係る子どものメンタルヘルスについて.pdf

 

大人も子どもも、仕事や勉強・家事育児・部活動・遊びなど、日頃アクティブに身体を動かしていた人ほど現在の状況は非日常であり、心身は緊張状態の連続だと思います。まずはそのことに気付いて、頑張っている自分をいたわってください。

 情報に振り回されない。基本に立ち返って、まずは日々の食事・睡眠・適度な運動、生活サイクルを整える。好きなことや親しい人とのメールや電話での会話など『楽しい』と感じる時間をもって、心の健康を保つようにしましょう。

 

3学年企業・進学先調べ

郵送した令和2年度進路希望調査の企業調べをするために、下の企業・業種一覧のExcelファイルをダウンロードし参考にして下さい。

令和2年度進路希望調査用ファイル:R2企業調べ.xlsx

なお、企業・業種一覧は昨年度、本校に求人があった企業をもとに作成されています。業種については学校独自のものであったり、記入もれの企業があるかもしれません。パスワードは進路希望調査に記載してあります。

新3年生は来年度の進路先を決定する大事な時期です。コロナウイルスの影響で進路決定に出遅れのないように、郵送された進路希望調査をしっかりとやりましょう。

3学年進路より

マスクのご用意をお願いします

生徒のみなさん、保護者のみなさま、いかがお過ごしですか。

いつもと違う日常、先がどうなるのかわからないことで、不安がいっぱいだと思います。「学校はどうなるの?部活や授業は?」 

私たち教職員も、日々変わる情勢の中で、様々な想定をしながら始業式や入学式、登校再開の準備を進めています。(事情がかわりましたら、HPや一斉配信メールにてお知らせします)。

また、感染が拡大している地域も出てきています。もしも、お子様が新型コロナウイルス感染をした場合や濃厚接触者となった(保健所から「濃厚接触者の疑いがある」と連絡が来た)場合には、必ず学校までご報告をお願いいたします。

さて、その登校再開に向けて、みなさまにお願いがあります。TVや新聞・ネットでも騒がれております「マスク不足」についてです。

 登校が再開されると、校内には多数の生徒が混在する状況になります。登校前の体温測定・体調チェックはもちろんのこと、登校時には必ずマスクをしてください

「マスクによる咳エチケット・手洗い・換気」この3点は、みなさん自身やまわりの健康を守るためにとても大切です。 

2月の卒業式・登校日には、マスクのない生徒に学校の災害時用マスクを配布しましたが、その在庫も底をついてきている状況です。

ご家庭のマスクが「もうない」場合は、新聞やネットでも、手作りマスクの作り方が紹介されています。ご家庭内の布とゴム(使い捨てマスクのゴム部分を切り取ってつけることができます)を使って、ぜひお子さまのマスクを作ってください

【参考】

 文部科学省HP「子どもの学び応援サイト」内 (マスクの作り方)https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00460.html

  

以下は本校職員がチャレンジした手作りマスクです。

上 立体型マスク(ミシンがけ)

下 手ぬぐいを折り込み、両端を塗ったもの(手縫い)

なお、2学年の家庭科の授業でも、マスクを手縫いでつくる準備を進めています。 

令和元年度卒業式【速報/其の一】

令和元年度 第57回卒業証書授与式

令和2年(2020)3月14日 土曜日

 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、卒業式は最小限の規模で、必要な感染予防対策を講じた上で実施することとなり、教職員と卒業生のみで、各教室にて行われました。

※教室での卒業式の様子をお伝えできればと、 教職員が手分けしてカメラマンになり撮影しました。公開の準備ができた写真から、随時掲載していきます。

 

 

 

令和元年度第57回卒業証書授与式

8:50 卒業生着席

9:00 開式

【式次第】

 1 開式の言葉

 2 国歌斉唱

 3 卒業証書授与

 4 校長式辞

 5 卒業生代表の言葉

 6 卒業記念品贈呈

 7 校歌斉唱

 8 閉式の言葉

 

▼開式の言葉 国歌斉唱

▼卒業証書授与 機械科A組

▼卒業証書授与 機械科B組

▼卒業証書授与 電気科A組

▼卒業証書授与 電気科B組

▼卒業証書授与 設備システム科A組

▼卒業証書授与 情報技術科A組

 ▼校長式辞・・・放送室から

【校長式辞】

  「春の息吹を感じる、この佳き日に、多数の御来賓、ならびに保護者の皆様の御臨席を賜り、令和元年度・埼玉県立浦和工業高等学校・第57回・卒業証書授与式を盛大に挙行できますことを、心より感謝申し上げます。」本来ならば、このような常套句で校長の式辞が始まる予定でした。卒業生の皆さんも知っている通り、日本全国に渡るこの非常事態の中で、後輩たちに見送られることもなく、保護者に晴れの姿を見せてあげられることもなく、卒業生の皆さんと私たち教職員だけの卒業式となります。卒業生の保護者からは何とか卒業式に参加できないか、という強いご要望もありました。おそらく、浦和工業高校でのこの3年間で様々な御苦労があったからこそ、皆さんの旅立つ立派な姿を見たかったのだと思います。

 改めて、ただ今、卒業証書を授与いたしました、機械科、電気科、設備システム科、情報技術科194名の卒業を認定します。

 そして、万感の思いを込めて、皆さんに伝えます。卒業おめでとうございます。これは、もちろん、皆さん一人一人の努力の成果でありますが、御家族をはじめ、本校を御支援くださる地域や企業の皆様など、たくさんの方々の支えがあったお陰である、そのことを心に刻み込み、感謝の気持ちを忘れないで欲しいと思います。本日、卒業式に参列できませんでした、保護者の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。そして、これまで、お子様を支え、育んで来られたことに敬意を表すると共に、本校の教育に寄せられました皆様の深い御理解と御支援に対しまして、厚く御礼申し上げます。

 さて、以前、全校集会で 当たり前のこと、誰もがやることを徹底する、つまり、「凡事徹底」の大切さについて話しました。「特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために当たり前のことをする」と言ったのは元メジャーリーガーのイチロー選手でした。世界でも一流の人たちが同じようなことを言うのは何故でしょうか。「普段、誰もができる当たり前のことをしなくても、自分には力がある、もっとすごいことができれば、特別な実績を上げられれば問題ないじゃないか、というのは社会人としてあるべき姿ではない」と経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏は言っています。

 是非、浦和工業高校を卒業する皆さんは、うぬぼれることなく、実直に、当たり前の仕事を当たり前に、かつ、心を込めて丁寧にこなせる人間になって欲しいと思います。素直に人の声に耳を傾け、与えられた仕事をありがたいと思える人間になってほしいと思います。松下氏やイチロー氏のような一流の方々が同じようなことを言うのは、凡事を徹底することは大人であっても難しいということの表れです。改めて、皆さんには、「凡事徹底」いう言葉を卒業のはなむけとして送ります。

 皆さんにはどんな未来が待っているでしょう。この予測ができない未来の中で、平和な社会を実現するためには、目先だけの価値や表面的な意味だけにとらわれず、広い視野をもって物事を見てほしいと思います。そして、巷にあふれるフェイクニュースなど、何が正しいのか判断が難しい時代だからこそ、一度、冷静になって深く物事を考えてから行動できる人間になって欲しいと思います。

 この式辞を書きながら、卒業生の皆さんと昼休みに校長室で面談した時のことを思い出しました。好きなおかずは何?というたわいもない話から、進路などについて話を聞きました。全員と面談できて良かった。皆さんの顔を見られないのが残念ですが、こうして卒業式が出来て本当に良かった。

 結びに、一年間だけでしたが、個性豊かで、素晴らしい皆さんたちとの出会いと、たくさんの感動を与えてくれたことに感謝すると共に、皆さんの未来が、輝き続けることを心からお祈りし、式辞といたします。

 

             令和2年3月14日

               埼玉県立浦和工業高等学校長 関根 憲夫

 

▼卒業生代表の言葉 情報技術科 庭野英智さん

【卒業生代表の言葉】

 校庭の木々も春の日差しに輝き始める季節となりました。この懐かしくも惜しい景色が私たちの旅立ちを実感させます。

 本日は私たちのために校長先生をはじめとする先生方のご臨席を賜り卒業式を挙行していただき誠にありがとうございます。

 三年前の春 私は浦和工業高校の門をくぐり情報技術科に入学いたしました。中学時代 進路について考える時期になり 悩んでいたことを覚えています。私は日本国外に在住していました。当時 私は自分の将来に興味がなく 周りが真剣に進路を決める中 自分は適当に決めればいいと考えていました。その時 私は当時の担任の先生から 日本の高校に進学することを勧められます。先生は私が情報学に興味があることを知り 工業高校を勧めました。それをきっかけに私は真剣に進路活動に取り組むことになります。自分の未来に希望を持ち 本校に入学が決まった時の喜びは今でも覚えています。新たな立地で活動することにより 私の個性は成長するだろうと考えていました。それからの私は自分の思うまま過ごしていきました。一年生の初めから生徒会に入り 三年生の生徒会役員としての任期満了時まで生徒会役員として活動していました。そこではたくさんのことを学ぶことができました。

 生徒会役員には決まった規定がないため様々な生徒が入ることが可能です。役員それぞれ生徒会に入った動機も様々 目標も様々なので その様な集団をまとめるために役員の個性と特長を捉え それぞれの良さをいかしてみんなが主体性を発揮できるように調節役に努めました。たくさんの活動や仲間との関わりにより 三年間の生徒会役員としての経験は私の個性や人格を大きく成長させてくれました。

この学校は自分に必要な経験と知識 新たな可能性を与えてくれました。たくさんの行事を通して 大切なことを学びました。一年生の体育祭ではみんなと協力する楽しさや達成感を味わいました。ここでクラスの仲がより深まったのを感じています。文化祭では一年生の時はまだ何もわからず 味気なかったのを覚えています。マラソン大会は疲れましたが走ることの素晴らしさや走り終えた後に飲む水のおいしさに感動しました。二年生になり後輩もでき先輩として良い見本になっている友人もいて 学年が上がったことを実感しました。二年生では体育祭ができなかったのが残念でした。二年生の文化祭は 一年生の時とは違い学科の個性や生徒のオリジナリティーも感じられ 自分たちの成長を感じました。行事の中で個人的に一番思い出に残っている修学旅行では特にたくさんの事を学びました。民泊先の方のお世話になり地域の文化を体感しました。岩山から眺める海は 空は曇っていたけれどとてもきれいだったのを覚えています。

 普段みることのない貴重な景色に心の底から感動していました。広島での原爆ドームの見学で歴史を学び 命を学びました。クラスの人や友達と湯舟を共にすることや 一緒に寝ることで 学校生活では見ることのない面に気づく事ができとても楽しかったです。三年生になるとそれぞれ自分の進路を決めたり 課題研究があったりなど とても忙しかったです。ですが 体育祭や文化祭では 手を抜かず 特に文化祭はどこも素晴らしい出来で クラスの人や他学科の生徒に対して尊敬の気持ちが現れました。進路に悩んでいた時に 相談に乗ってくださった先生方にはとても感謝しています。この三年間たくさんの人にかかわり そしてお世話になりました。この短く貴重な三年間の思い出を 私たちは終生忘れることはないでしょう。

 私たちがこうして卒業の日を迎えられたのも 保護者の皆様のおかげです。私はこの場をお借りして 今日の日を与えてくれ 今まで私を育ててくれた両親に心の底から感謝をしています。そして大学生活で忙しい中 私を見守り育ててくれた兄にも感謝をしています。

 この三年間を支えてくださった先生方 私たちをここまで育ててくださった保護者の皆様 本当にありがとうございました。

 いよいよお別れの時です。三年間で資格取得に励んだり 部活動や学校行事を通して忍耐力やコミュニケーション能力を磨いたり 進路を実現するために ここにいるみんなが それぞれ努力をしてきました。私たちは ここで得た知識と経験を自信に変え世界に輝く人材になるべく この先も努力を惜しまないことを誓います。

令和二年 三月十四日

第五十七期卒業生代表 庭野 英智

 

▼卒業記念品贈呈 情報技術科 後藤直希さん

贈呈いただいた『屋外テント』、大切に使わせていただきます。

▼校歌斉唱

 式後、最後のホームルームが行われました。

 

設備システム科 1年 現場見学会

令和元年度 設備システム科 1年 現場見学会

 今年度も埼玉県建設業協会主催のもと、1月28日(火) 設備システム科1年生を対象に埼玉スタジアム2002の現場見学会を実施していただきました。

 空調設備、トイレ改修工事の様子などを見学させていただき、建設産業への魅力などを肌で感じとることが出来る良き時間であったと思います。

 天候が悪く底冷えするような日でしたが、生徒達も興味深く話に耳を傾けていました。

S1A現場見学会1

S1A現場見学会2