浦和工業高校より

浦和工業高校より

令和3年度 情報技術科 課題研究発表会

令和4年1月21日(金)第2~6限 情報技術科3年生の課題研究発表会を実施しました。課題研究では、CG・プログラム・Web・ハードウェアのテーマの中から選択し、研究開発を行いました。

今年も昨年に続き、新型コロナウイルス感染予防対策として、2年生はWebカメラを利用して、別室からの参加となりました。

   
校長先生のご挨拶 発表資料
   
Web班の発表 プログラム班の発表
   
CG班の発表 ハードウェア班の発表

保健委員会だより第3号~取材中~

3学期が始まり、生徒は授業や実習に頑張って取り組んでいます。

 

世界全体では、感染力の高い新型コロナウイルスの新株が拡がってきていますね。

 

今学期の保健委員会だよりでは、「新型コロナウイルス オミクロン株」をテーマに、1月中の発行を目指して現在担当生徒達が準備を進めています。(写真は、保健室の先生に取材をしているところです。)

 

【設備システム科】建設系高校生の建設現場見学会を実施しました

令和4年1月14日(金)に設備システム科2年生が、一般社団法人 建設業協会の主催する「建設系高校生の建設現場見学会」による、埼玉スタジアム2〇〇2の設備改修工事を見学しました

地元 浦和レッズのホームスタジアムとしてはもちろん、日本代表戦をはじめとする国際試合でも使われる、サッカー専用スタジアムです。

選手や関係スタッフをはじめ、多くの観客が安心・安全にスタジアム内を利用できるように定期的な改修工事が行われています。今回は、電気設備・外構電気設備・給排水設備・空調設備の改修工事を見学しました。

普段目にする部分に加え、なかなか見ることのできないスタジアム内の設備を見せていただき、生徒は一生懸命にメモを取ったり、熱心に説明を聞いていました。

閉会行事の生徒代表の言葉では、「今回の見学会で学んだことを就職活動のときに生かしたいと思います。本日は貴重な体験をありがとうございました。」とありました。

埼玉県建設業協会様をはじめ、ご説明いただきました企業の皆様や見学会のご準備いただきました埼玉県都市整備部の皆様、ありがとうございました。

埼玉県建設業協会 あいさつ スタジアムDVDの視聴
工事概要説明 空調・給排水設備改修工事
外構電気設備改修工事 外構電気設備改修工事
電気設備改修工事 選手ラウンジ
選手控室 ウォーミングアップ施設
質疑応答 お礼の言葉

【設備システム科】埼玉空衛協ニュースに掲載されました

昨年10月26日に行われた、「プロフェッショナルに学ぶ」の記事が、一般社団法人 埼玉県空調衛生設備協会の発刊する、埼玉空衛協ニュース「風と水と」(令和4年 新春号 No.75)に掲載されました

今後も、関連団体や企業様からのご支援ご協力をいただきながら、生徒一人ひとりが、設備に関わる知識や技術を深められるよう、取り組んでいきたいと存じます。

ありがとうございました。

詳細は、下記のPDFデータでもご覧いただけます。

R4.1月_風と水と HP用.pdf

令和3年度3学期始業式

令和4年1月11日(火)3学期始業式が行われました。

教室にはGoogle MeetによりLIVE配信されました。

校長講話・生徒指導部・進路指導部・保健委員会・美化委員会からのお話がありました。

生徒指導部からは、身だしなみについてや遅刻・欠席・早退を増やさないことなどについて講話がありました。

進路指導部からは、これまでと今年度の結果に基づいた進路状況の傾向について、プレゼンテーション機能を用いて説明がありました。

保健委員会からは、感染症予防をはじめとした健康管理について、生徒が呼びかけを行いました。

美化委員会からは、校内の美化活動について「5S」というワードを用いながら、生徒が呼びかけを行いました。

 

司会の横山先生 校長講話
生徒指導部より 進路指導部より
保健委員会より 美化委員会より
教室の様子① 教室の様子②

▼校長講話

  おはようございます。そして、新年明けましておめでとうございます。この冬休みはどのように過ごしましたか。
 早速ですが、毎年の恒例ですので、私の地元、久喜市にある鷲宮神社で引いたおみくじを皆さんに披露したいと思います。ちなみに、鷲宮神社は、以前、らき☆すたというアニメの聖地として全国的に有名になった神社です。3年前に古くなって倒壊した鳥居が100年ぶりに新しくなり、結構な人出でにぎわっていました。一昨年が「小吉」、昨年が「中吉」でしたが、今年はどうでしょう。今回もまだおみくじを開けていませんので、今、ここで開けて皆さんに披露したいと思います。
 今年は何と「大吉」です。大吉を引いたのは何十年ぶりかも知れません。「何事も正直にして他人を恨まず 仕事大事とはげみなさい」とあります。何事にも正直であることはなかなか難しいものです。人はとっさに嘘をついてしまうことがありますが、たいてい後になってその嘘はばれるものです。嘘のために新たな嘘をつき取り換えしかなくなることもあります。少なくとも正直であることは他人から恨まれることはありません。「大吉」だと浮かれることなく、校長として浦和工業高校のために頑張っていきたいと思います。
 ところで、皆さんは昨年の今頃のことを覚えていますか。ちょうど今頃、首都圏の1都3県に非常事態宣言が出されました。この後、非常事態宣言が延長、再延長となり、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、夏のオリンピック・パラリンピックを迎えました。現在、沖縄県を始め各地で感染力の強いオミクロン株の市中感染が報告されています。9日には沖縄県、山口県、広島県でまん延防止重点措置が適用されました。このままだといずれ埼玉県内にも第6波が押し寄せて来るでしょう。また、日本は昨年度と同じように行動の自粛を余儀なくされるのでしょうか。改めて、油断することなく健康観察の徹底、マスク着用の徹底、食事中の会話を控えるなど自己防衛を徹底してください。
 令和4年、2022年の年の初めとして、1つだけ話をします。それは、元プロレスラーの長州力さんの言葉です。3年前にプロレスラーを引退し、今年で71歳になる長州力さんは、現在はテレビのバラエティー番組でよく見かけますが、新日本プロレスの全盛期には、リキ・ラリアットを武器にアントニオ猪木にも勝つほどの強さがありました。彼はもともとアマチュア・レスリングの出身で大学時代には全日本学生選手権で優勝するほどの並々ならぬ選手でした。在日韓国人2世として生まれ、大学卒業後にプロレスの道に進みました。プロレス界でのライバル争い、怪我や苦労した下積み経験からは想像もつかない言葉ですが、彼はこんなことを言っています。
 「ずっと悩んで過ごすなんて損。『なるようになる』と思ってひと休みすればいい。」生きていると悩みはつきものです。人間関係、友人や家族との関係やこれから職場の人たちの関係など悩んだり辛い思いをしたりするものです。彼は在日韓国人として小学生の時に教師からも差別を受けたことがあったようですが、決して腐らず前を向いて進んでいきました。悩み事で頭がいっぱいになった時、辛くてしんどくてどうしようもなくなった時、肩の力をふっと抜いて、「なるようになる」と思って、万歳の格好をしながら横になる。新型コロナウイルス感染症はまん延して3年目となり、SNS上には常に他人の誹謗・中傷、ネット上にはフェイクニュースが流れ、とかく生きづらい時代に私たちは生きています。だからこそ、長州力さんの脱力系のあっけらかんとした彼の言葉に救われるような気がします。
 さて、3学期は、3年生は、課題研究と学年末考査があります。いよいよ就職に向けて気持ちの切り替えが必要となってきます。進学が決まった者ものんびりしてはいられません。進学先で通用する基礎をもう一度固めておいてください。また、1月28日の創立60周年記念式典では4科合同の課題研究発表会も企画されています。後輩たちに3年生として頑張ってきた証を是非示してください。
 2年生と1年生は、まず、進級というハードルが待っています。「今」を大切に1日1日をしっかり過ごしてください。1年生は進級したら先輩になります。2年生は浦和工業高校の大黒柱となります。新入生の模範となれるようにしてください。
 それでは、皆さん、3学期もコロナに感染しないよう細心の注意を払いながら、高校生活が少しでも充実したものになるよう努めていきましょう。以上です。