浦和工業高校より

カテゴリ:報告事項

設備システム科 企業バス見学会

11月25日(月)に「彩の国工場魅力発信事業」による企業バス見学会を実施しました。

 

来年、就職活動やインターンシップを迎える2年生を対象に、学校での学びを深めるとともに、進路への意識を高めることを目的としています。

 

午前は、草加市にある「(株)アクアプロジェクト」を見学しました。

アクリル製品を加工・製作している企業です。お店では出回っていないような、大きく分厚いアクリル板を切断したり接着したりしていました。一つひとつの作業が職人技で、「継続して働くこと」の大切さに気付きました。普段の学びとは少し業種が異なることで、興味関心を持って、見学に臨んでいる様子が伺えました。

 

 

午後は、本校の近くにある「大久保浄水場」を見学しました。

ここでは「水の無駄遣い」をテーマとしたDVDを視聴し、浄水の仕組みを学ぶことで、改めて「水の大切さ」に気付きました。

「給排水」に関しては授業でも取り扱っており、今後の学習にも関連付けられます。専門性を深めることができました。

場内の見学では、大きな分電盤を見たあと、24時間監視している「中央制御室」の様子を見ることができました。ここでは、「社会に貢献する」ことの大切さや責任感を感じることができました。

 

 

SNS等の狭い世界だけでなく、こうした実社会をきちんと自分の目で見て、感じることは今後の人生にも大きく影響することでしょう。

今回お世話になりました、(株)アクアプロジェクト様、大久保浄水場の皆さま、誠にありがとうございました。

令和元年度 小型車両系建設機械運転特別教育

11月16日(土)・17日(日)、本校にて、設備システム科2学年の生徒を対象に、小型車両系建設機械運転特別教育を実施しました。

 

本講習会は、埼玉県建設業協会の支援により実施されました。

また、講師として株式会社PEO建機教習センタの方に来て頂きました。

 

1日目(16日 土曜日)は、座学講義になります。

テキストに沿って基礎知識や各装置について学習したり、DVDの視聴したりしました。

運転講習にむけ、安全面にも気を付けながら理解を深めることができました。

 

2日目(17日 日曜日)は、運転講習になります。

運転前の車両点検や、常に安全確認をすることの大切さを教えて頂きました。

実際に運転すると、左右の操作レバーの動きが複雑で、難しさを感じていた様子が伺えました。

一日を通して繰返し練習することで、操作にも慣れ、最後にはスムーズに作業を行えるようになりました。

 

 

年明けにはインターンシップがあり、次年度は進路を決めていきます。今後も就職試験や入試に向け、一つでも多くの資格を取得し、スキルアップを図りたいところです。

土合中学校出前授業

 7月5日(金)午後、さいたま市立土合中学校の出前授業に機械科の宇田川教諭と設備システム科の新井教諭が講師として参加しました。そして、機械科3年の篠田君、設備システム科3年の菅原君と井上君がアシスタントして補助をしました。今回は、「コバトンメダル製作」がテーマでした。鋳物の技術を使って中学生一人一人がオリジナルのコバトンメダルを作りました。その後、パワーポイントを使って浦和工業高校について説明しました。工業に興味を持ってもらえると嬉しいです。


笑う 小さな探検隊がやってきた

 昨日(6/13)、土合小学校2年生12名の小さな探検隊本校を探検にやって来ました

 小さな探検隊を本校の島田教頭が案内しました。下の写真は、小さな探検者達が学校の説明を一生懸命に聞いてメモをしている様子です。
     

 この説明の後は、機械科3年生の実習を見学したり、電気科の電気配線についての説明を聞いたりして僅かな時間でしたが探検は終わりました。

 人の話しを聞いている時の小さな探検者たちのくりくりとした目が真っすぐに輝いていたのが印象的でした。是非、ものづくりの興味を持って、工業高校に入学して欲しいと思いました。

数学検定 朝補習

3年生の四年制大学への進学希望者を中心に朝7:30から数学検定補習を行っています!
7月の検定に向け勉強中です。
もちろん検定の合格も目的の1つではありますが、『
大学進学に向け数学力を高める』という目的を持ち日々努力しています。
みんなで最後まで頑張りましょう!